スタディサプリ小学講座・中学講座・高校講座・大学受験講座の違いをご説明。

スタディサプリには、小学講座・中学講座・高校講座・大学受験講座が用意されています。

講座ごとに内容は違いますが、スタディサプリに有料登録(月額980円から)すれば、年齢や学年に関係なく全て見放題です。

登録時に中学生として入力しても、小学講座、高校講座も視聴できますよ。

今回は、小学講座・中学講座・高校講座・大学受験講座の違いをご説明します。

スタディサプリ 小学講座の内容 

小学講座では、「算数」、「国語」、「理科」、「社会」の4教科を視聴できます。

小学校英語の必修化・教科化が予定されていますが、現段階でスタディサプリ小学講座に英語はありません。

中学講座の英語は視聴できるので、そちらで先取り学習してみるのも良いですね。

各教科ごとに基礎と応用に分かれているので子供の学習ペースに合わせて選択してください。

スタディサプリ 中学講座の内容 

中学講座では、「算数」、「国語」、「理科」、「社会」、「英語」の5教科を視聴できます。

「算数」、「国語」、「英語」には、教科書に沿った講座が用意されているので、学校の授業の予習・復習にも利用できます。

「算数」、「理科」、「社会」、「英語」には、定期テスト対策講座が用意されています。

通常の講座で学んだ内容を、より定期テストで出やすい形で学習できますよ。

中学3年生には、都道府県別の高校受験対策講座も用意されています。

「算数」、「国語」、「理科」、「社会」、「英語」の全5教科用意されているので、安心してくださいね。

都道府県それぞれの入試傾向にあわせた公立高校受験の演習講座です。

問題は難易度別にSTEP1~3の3つにわかれているので、受験する学校に合わせて選択してください。

通常講座で基礎を身につけてから、力試しに活用しましょう。

スタディサプリ 高校講座・大学受験講座の内容 

高校講座では、「算数」、「国語」、「理科」、「社会」、「英語」の5教科を視聴できます。

内容やレベルごとに細かく分かれているので、あなたに合った講座を見つけてみてください。

学校の授業についていけないような苦手教科でも、基礎の基礎から学べるのでゆっくり進めていきましょう。

大学受験講座は、「センター試験対策講座」と「志望校対策講座」が用意されています。

さらに過去3年分の大学入試センター試験の問題が、解説・解答付きで利用できます。

赤本と一緒に大学受験講座を活用してみてください。

まとめ 

以上、スタディサプリ小学講座・中学講座・高校講座・大学受験講座の違いでした。

月額980円のベーシックコースに登録すれば、全講座視聴できるので先取り学習や復習に活用しましょう。

勉強したことは、自分でも気づかないうちに、後々役に立つはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。