自分のペースで勉強できる!スタディサプリのメリット・デメリットをまとめます。

こんにちは!

CMやドラゴン桜2などで、スタディサプリを聞いたことがある方も多いはず。

簡単に説明すると、パソコンやスマホで講座動画を視聴できるサービスです。

今回は、実際に使ってみて感じたメリット・デメリットをまとめます。

スタディサプリ コース特徴 

ベーシックコース 合格特訓コース 個別指導コース
料金(税抜) 月額980円 月額9800円 月額9800円
対象 誰でも 高校1年~3年生・高卒生 公立中1~3年生
無料体験期間 14日間 14日間 14日間
内容 小学4年生から高校3年生までの講座が見放題 ベーシックコース+担当コーチ ベーシックコース+担当コーチ
お支払い方法 ・クレジットカード決済
・キャリア決済
・コンビニ決済
クレジットカード決済 クレジットカード決済

メリット・デメリットの前にコースの特徴を簡単に説明しますね。

スタディサプリは大きく分けると3つのコースがあります。

料金や対象が違うので表を確認してください。

センター試験対策や志望校対策もあるので、基本的にはベーシックコースで十分です。

担当コーチに学習プランを立ててもらったり、質問したい場合は合格特訓・個別指導コースを選んでみてくださいね。

スタディサプリ・メリット 

  1. 一人で勉強できる
  2. 費用を抑えられる
  3. 無料体験を試せる

メリット① 一人で勉強できる

パソコンやスマホを使って講座動画を視聴するので、あなたのペースで学習できます。

学校や塾の授業のように、時間や場所にとらわれることもありません。

分からない部分は、何度でも見直して理解してから進めば、確実に前進できるはずです。

メリット② 費用を抑えられる

小学4年生から高校3年生までの講座が見放題のベーシックコースは、月額980円(税抜)です。

登録すれば、復習や先取り学習にも活用できます。

入会金・解約金もかからないので、月額料金のみで始められます。

講座中に使うテキストは、画面に表示して利用できるので、購入する必要もありません。

もし「紙のテキストを使いたい」という場合は、1冊1200円で購入することもできますよ。

メリット③ 無料体験を試せる

3つのコースで、14日間の無料体験があります。

ただし、クレジットカード決済を選んだ場合のみなので注意ですね。

無料期間中に解約すれば、費用はいっさいかかりません。

合わなかった場合は、辞めてOKです。

あなたに合った方法・ペースで学習してみてください。

スタディサプリ・デメリット 

  1. 自分で計画を立てる必要がある
  2. ネット環境が必要

デメリット① 自分で計画を立てる必要がある

自分のペースで進められますが、学習の計画を自分で立てる必要があります。

勉強の習慣がないと、長続きしない場合も。

学校や塾と違って、周りに誰もいないので競争意識が生まれにくいですね。

「苦手分野を克服する」、「1日1講座視聴する」など、具体的な目標を立てると良いですね。

1人で勉強が続くどうか不安という方は、中学生・高校生向けに担当コーチが付くコースもあります。

中学生に担当コーチが付く!スタディサプリ個別指導コースの特徴をまとめます。 高校生に担当コーチが付く!スタディサプリ合格特訓コースの特徴をまとめます。

②ネット環境が必要

スタディサプリの講座視聴は、ネット環境が必要です。

講座の画質は選べるので、通信速度が遅くても問題なく観れるでしょう。

アプリはダウンロード機能が付いており、ネットに繋がっていなくても視聴可能です。

携帯の速度制限などにかかっていると、スムーズに視聴できないかもしれないので注意ですね。

まとめ 

1人でも続けられるかがカギですね。

テキスト代などの初期費用もかからないので、始めやすいのも特徴です。

学生の方は、保護者と相談して登録するか決めてみてください。

では、今回はここまでです。

最後までお読み頂きありがとうございました!