スタディサプリを子供が学習するときに利用を管理する方法。iPhoneとAndroidに分けてご紹介

パソコンやスマートフォン、タブレットで学習できる「スタディサプリ

小学生や中学生の子供に、スマートフォンを持たせるのは少し不安という保護者もいるはずですね。

スタディサプリのみ利用できる端末は無いので、スマートフォンに制限をかけて子供が学習するのがおススメです。

今回は、iPhoneとAndroidに分けて利用を管理する方法をご紹介します。

では、詳しく書いていきますね。

iPhone、iPad、iPod touchでペアレンタルコントロールを使う 

スクリーンタイムの「コンテンツとプライバシーの制限」を使って、お子様のデバイスで特定の App や機能を使えないようにしたり、使用制限を設けたりすることができます。また、iPhone、iPad、iPod touch で、不適切な表現を用いたコンテンツ、購入やダウンロード、プライバシーに関する設定を制限できます。

support.apple.com

iPhone、iPadには、最初から使用制限を設けられるペアコントロール機能が備わっています。

Webコンテンツやアプリの使用を制限できます。

今回は、最低限設定しておいた方がいい制限をご紹介します。

①iTunes Store や App Store で購入できないようにする

STEP.1
「設定」を開いて「スクリーンタイム」をタップします。
STEP.2
「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。パスコードの入力画面が表示された場合は、入力します。
STEP.3
「iTunes および App Store での購入」をタップします。
STEP.4
設定項目を選択し、「許可しない」に設定します。

Appのインストールや削除、App内課金を制限できます。

特にApp内課金は「許可しない」に設定しておいた方が良いですね。

②標準付属のAppや機能の使用を制限する

STEP.1
「設定」>「スクリーンタイム」の順に選択します。
中身1
STEP.2
「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。
 
STEP.3
スクリーンタイムのパスコードを入力します。
 
STEP.4
「許可された App」をタップします。
 
STEP.5
使用を許可する App を選択します。
 

標準付属のAppや機能について、使用を制限できます。

制限した場合、位置的にホーム画面で見えなくなります。

制限を解除すれば、元の機能が使えるようになります。

スタディサプリ以外のAppを制限しておくと安心ですね。

Safariに制限をかけておけば、ネットを閲覧できなくなります。

最低限、上記①、②を設定しておけば、子供に渡しても安心して学習できるでしょう。

さらに詳しく制限をかけたい場合は、公式サイトappleを確認してください。

Androidスマートフォン、タブレットで制限をかける 

保護者向け Google ファミリー リンク

保護者向け Google ファミリー リンク
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

Androidには、ペアレンタルコントロールのような機能は搭載されていません。

そこで上記アプリ「Google ファミリー リンク」を利用して、制限をかけましょう。

「保護者向け Google ファミリー リンク」は、Android、iPhoneどちらでも利用できます。

保護者向けと子供向けで、それぞれ対応端末が異なるので以下を確認してください。

  • 保護者向けファミリー リンク 対応端末:バージョン 4.4以降を搭載した Android デバイス&iOS 9 以降を搭載したiPhone
  • 子供向けファミリー リンク 対応端末:バージョン 7.0以降を搭載した Android デバイスのみ

保護者がiPhoneで、子供がバージョン7.0以降を搭載したAndroidデバイスを使う場合は、問題なく利用できます。

しかし子供がiPhoneを使う場合、「Google ファミリー リンク」は利用できないの注意ですね。

バージョン7.0以降を搭載したAndroidデバイスなら、スマートフォンでもタブレットでもOKです。

スタディサプリで勉強するのが目的なら、画面が大きいタブレットの方がおススメです。

ただしWi-Fi環境でネットが繋がっている必要があるので、事前に確認してくださいね。

Google ファミリー リンクで使える機能

  1. 子供のアプリ利用を管理
  2. 利用時間を管理
  3. お子様の位置情報を確認

「Google ファミリー リンク」のインストール・設定方法は、以下のブログを参考にしてみてください。

分かりやすくまとめてありますよ。

参考 子供のスマホを機能制限するGoogleファミリーリンクのインストール方法NOTES 参考 子供のスマホをガッチリ管理!Googleファミリーリンクの使い方と設定方法NOTES

スタディサプリに登録しよう! 

スタディサプリの登録方法は以下の通りです。

パソコン、スマホどちらからでも登録できます。

STEP.1
学習者・お支払者の情報を登録
名前や学年を入力します。
STEP.2
コースを選択
ベーシックコース個別指導コース合格特訓コースから選びます。

個別指導コースは公立中1~3年生の方を対象に、担当コーチがつきます。

合格特訓コースは高校1年~3年生・高卒生を対象に、担当コーチがつきます。

講座動画を観たい場合は、ベーシックコースを選びましょう。

ベーシックコースでも全ての講座を視聴できます。

STEP.3
決済方法を選択
・クレジットカード決済(12ヶ月一括・月払い)

・キャリア決済(月払い)

・コンビニ決済(年度一括払い)

以上の3つから選べます。

クレジットカード決済を選んだ場合のみ、14日間の無料体験が適用されます。

無料体験中に解約すれば、料金はかかりません。

解約方法は、こちらのページを確認してくださいね。

STEP.4
お支払情報の入力
クレジットカード決済の12ヶ月一括払いを選ぶと、2ヶ月分無料でお得に登録できます。

スタディサプリに初めて登録する方は、1ヶ月払いを選んで続けるかどうか決めてみてください。

以上の4ステップだけで完了です!

クレジットカード決済で登録すると、14日間の無料体験があるので、実際に利用してみて続けるかどうか決めてみてくださいね。

解約料などもかかりません。

スタディサプリ

まとめ 

以上の設定が面倒だなと感じる場合は、スタディサプリで勉強するときだけスマートフォンやタブレットを渡すという方法もあると思います。

正しく使えば、ネット学習サービスは子供の勉強の助けになるはずです。

では、今回はここまでです。

最後までお読み頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。