勉強に疲れた!そんなときは休んでリフレッシュしよう!

こんにちは。

テスト勉強や受験勉強など、長時間頭を使っていると疲れてきて効率も落ちますね。

そんなときは、無理して机に向かうよりも一旦休憩してリフレッシュしましょう。

今回は、簡単にできるリフレッシュ方法をまとめました。

外に出て散歩する 

頭が疲れているときは、身体を動かしましょう。

外に出て10分ほど散歩するだけでも効果ありますよ。

太陽の光を浴びたり、景色を観ればリフレッシュできます。

音楽を聴く 

勉強する手を止めて、リフレッシュできる音楽を聴きましょう。

お気に入りの音楽も良いですが、ヒーリングCDのような癒し音を聴くのもおすすめです。

目を閉じてゆっくり音楽を楽しみましょう。

昼寝する 

「勉強の効率が落ちてきた」と感じたら、少し昼寝しましょう。

勉強したあとに、昼寝すると記憶が定着しやすくなります。

眠いときは、思い切って寝ちゃいましょう。

目をつぶって横になるだけでも効果ありますよ。

甘いものを食べる 

糖質は脳の栄養源になります。

チョコレートや飴など、勉強中に食べると集中力が維持できます。

しかし食べ過ぎると逆効果にもなりますので、ゆっくり食べるようにしましょう。

空腹状態だと集中力が落ち、甘いものが食べたくなるので、果物を用意しておくのも良いですね。

ゆっくりお風呂に入る 

ゆっくりお風呂に入るのも効果的です。

お風呂に入ると、血流が良くなり、コリがほぐれて疲れが取れます。

長時間、勉強していると肩や目がこってくるので、温めてリフレッシュしましょう。

緊張感が取れて、心も軽くなりますね。

マッサージ・ストレッチをする 

簡単に身体をほぐしたいなら、マッサージやストレッチがおすすめです。

筋肉の緊張がほぐれて、リラックスできます。

お風呂上りなど身体が温まっている状態で行うと、さらに効果アップです!

まとめ 

勉強で頭が疲れたときは、無理をしないようにしましょう。

リフレッシュして、やる気を上げてから勉強すれば効率もアップします。

勉強は大人になってからでもできます。楽しんで臨める工夫をしてみるのも良いですね。

では、今回はここまでです。

最後までお読み頂きありがとうございました。